シンよ…自分不器用ですから高倉健じゃねええんだよっ!!でこぼこフレンズと行くワクワク洞窟探検「A KNIGHT’S PENANCE」

メインクエスト
スポンサーリンク

アプデ後にログインすると早速新しいクエストが発生しました。「A Knights Penance(ある騎士の償い)」と書かれています。まずはアトラス砦のラッセルドーシーの所へ向かいます。わくわく♪

【スーパーミュータント襲撃の新たな問題発生】

ラッセルドーシーは各地の襲撃の報告集めにてんてこまいでした。どうやらスーパーミュータント達の襲撃はアトラス砦だけでなく、チャールストン・ホワイトスプリング・ファウンデーションと複数の場所で起こっているらしく、ファウンデーションはアンキャニー洞窟からスーパーミュータントが来ているのでは?と踏んでいるとのこと、すぐにラフマーニー達に知らせに行きましょう。

2人の所に行くと相変わらずBOSの在り方でもめています。(シンめっちゃ腹立ちます)まず、揉めている内容はBOSの巡回スケジュールについてだったのですが、ラフマーニは人々の助けにならないといけないと言っているのに対し、シンはまた襲撃があったら危ないから戦力は砦に固めておくべきだと言います。ところが、各地の襲撃の話をするとシンは今までの意見を180度変えて、分隊を連れて発生源を突き止めると言い出しました。マジでどっちやねんん!!

【分隊メンバー集め】

分隊メンバーはシンと自分含めて、ノーランドとヒューセンという人物です。声をかけに行きます。

イニシエイト・ノーランド両親は戦前政府の仕事でこの災いに加担したと言っており、その償いの為にもBOSに加入したそうです。どことなくシンに似ている堅苦しいタイプ。もう一人のヒューセンのことは軍人向きではないと、あまり信頼はしていなそうでした。

イニシエイト・ヒューセン
彼女はキャンプ住人になっているドクターハディーの助手をしていた経緯からBOSへ入隊することになりました。おどおどしていて自分に自信がないので戦闘よりも衛生兵的な後方支援が向いていそうです。また、お姉ちゃんがいなくなったマックスを励ましてあげたりと心優しい人物でもありそうです。ノーランドの事はあまりにも自分と違う為恐れているらしい。

余談なのですが…この時丁度、核ミサイル発射を誰かが行ました。その時シンの近寄ると、「あちこちで核爆弾を投下するとは…アパラチアじゃ爆弾はオモチャなのか?」と皮肉ってました笑

【アンキャニー洞窟】

中に入るとみんなが揃ってました。怪しい所がないか探索です。ヒューセンは初めてのフィールド任務でちょっと浮かれています。というよりは、緊張を和らげようとしている感じだと思いますが「集合写真を撮ろうと提案してきました」パシャ!自分はこの気持ち凄くわかります。ふざけてるわけじゃないんですよね、むしろ逆にリラックスして集中するためにそゆことがしたいんです。特にこんな仕事人間みたいなお堅い二人と同行するならなおさらで…昔を思い出します。上司や先輩と出張に行った時に、その地方の名物料理やコーヒーの1杯もなしで仕事させられたことがありました。ありえない…全く合いません。逆にお堅い人達は黙々とやって集中したいんでしょうね。集中の仕方も人それぞれです。

洞窟奥に進むとフローターが出てきました。これは!絶対いるやん!!シンにフローターがいるという事はスパミュがいるという事を伝えると辺りに痕跡を探すことになりました。

【二手に分かれる作戦】

見つけたのは二つの岩で塞がれた道です。1つは何か道具があれば開けそうな道もう一つはパワーアーマーを着て着なければ通れそうな道です。シンの作戦は二手に分かれて広く探索するという方法をとりました。でも、その人選が悪すぎる…パワーアーマーを着ていない道にノーランドとヒューセン。何かで通れるようになる道をシンと自分…どう考えたってバランス悪い。それに重大は危険がなさそうって…シン曰くヒューセンに自信とか華を持たせたいらしいけど。

【道具で道をあける方法】

岩を調べると色んな選択肢が出てきます。道具もマーカーでシャベルとダイナマイトがありました。 シンにはあまり派手な方法は取らない様にいわれたので、自分はシャベルを選択。そうすると?

【スーパーミュータントの出現】

「光…ひかりだあああ!ようやく…逃げられる。アーーーーッ!」見たことないタイプのスーパーミュタントバーサーカーと書かれたクリーチャーが襲ってきました。こいつらスレッジハンマーを持ってるんですが、まるで振り速付きの様にめっちゃ攻撃速いです。そして二人がヤバイ気がする。

その後ヒューセンから「助けて」のメッセージが入ります。奥に進む道中で見つかったのは、チカラ尽きたノーランドの姿でした。シン「ノーランドには自信があった…いやあり過ぎたのかもしれん」←いや完全にお前の指示ミスやん。その後もナルシスト的に「全責任は自分にある」と言いつつも、言い訳を散々するシンがいるんやけど、アパラチアに来るときのレイダーから救おうとした村全滅したのもシンのせいらしいことをちょっと言うてました。とにかくシンは言葉でなく行動で自分の信じる道を歩みたいのだそうです。

【洞窟最奥】

さらに奥へ進んでヒューセンを探しに行くと、ヒューセンは生け捕りにされ、さらに罠を仕掛けられていました。そこへ飛び込むシン「このアーマーは耐爆製だ。頭を隠せ!」とりゃ~と爆弾に覆いかぶさり身を挺して罠を解除します。そして大量のさっきのミュータントが襲って来ますので、撃退しましょう。自分の時は星2の伝説級も一体出てきました。倒した後シンの様子をうかがうと、「パワーアーマーは伊達じゃない」大丈夫だそうです。でも相当のダメージを受けている様子でした。そしてこの場所で手がかりになりそうな物を探すと、VAULT居住者の死体があったり、普通のスパミュが牢屋で死んでいたり、その他モンスターも牢屋に居たり奇妙な風景でした。一番奥には「損傷したPIPBOY」が見つかります。というわけで、最終的にはPIPBOYをバルデスの元に届けてクエスト完了です。何か手がかりが見つかるといいんですが…あのスパミュも普通じゃなかったし、出られるっていうことは誰かに閉じ込められている様だったので、何か黒幕がいるのかな?

また、そんなバルデスですが、マックスのお姉ちゃんマーシャがいなくなっている事を心配していました。またアパラチアのあちこちで行方不明者が多発している事も…

報酬にフェイスブレーカーという武器が貰えました。ペイントも独自のレイダーしようでカッコいい!!顔面パン~チ♪それにしても、シンの言動には腹が立ちました。あんなノウキンみたいな上司が自分には一番困るんですよね~ナルシストも入っているし…次回クエストは「行方不明者」です。よかったらまた読んで下さい。

コメント