スポンサーリンク

ドクターハドソンの研究を調べる:AN OUNCE OF PREVENTION

メインクエスト

モーガンタウン空港で、レスポンダーを調査すると、ドクターハドソンの研究を調べることに繋がりました。

ちなみに、今メインクエストの題名は、英語で、「1オンスの予防は、1ポンドの治療に値する」ということわざがあるそうで、意味は病気にかかって治療するよりも、病気にかからないように生活する方がより良いという考えの、その前文かと思われます。

前回のメインクエストはこちら

モーガンタウン空港へ行く:FINAL DEPARTURE
久しぶりのメインクエストです♪まず、自分は、フラットウッズから、VALT76に無料ファストトラベルして、そこから空港に一番近い所、(自分の場合はウィルソンブラザーズの自動車修理屋)から向かいました。まず向かっている最中に変わった...

 

 

ドクターハドソンの研究はこちらで調べることができます。「AVRメディカルセンター」という所です。場所はチャールストン市街の丁度真ん中位にあります。

 

中に、入ると大量のスコーチが襲ってき、激しい戦闘になります。1階はとても広く吹き抜け構造になっており、2階からも攻撃されてしまうので、ある程度敵を倒したら、デンジャー状態であっても、マーカーの示す地下に降りてしまった方が自分はやりやすかったです。

無限湧きとも思えるような、敵の数ですが、実際には限りがあります。一匹ずつ落ち着いて倒せばもうその建物内で敵はでません。

そして、その地下の場所には、クラフト台があります。じゃんじゃん倒して、バリバリ解体しちゃいましょう~♪

 

さて、地下にあるこちらのターミナルで研究を調べると

血液サンプルと、T型ヒューズを、手に入れるとでます。

血液サンプルはMAPにマーカーが表示されますので、各地で入手。T型ヒューズは、グレッグ鉱山雑貨店の地下にありますので、そちらで入手します。

 

※両方とも一度外に出なければならないので、もし建物内を探索するならば、敵をたくさん倒した今、建物内を探索しておいた方がいいです。一度外に出ると、建物内の敵は復活しています。

 

T型ヒューズの取り方は、下記の記事にて。

サットン駅北側探索(東カナー監視地点・ヘルヴェティア・グレッグ鉱山雑貨店・アークトスファーマ)
グラフトンの敵の強さに泣かされたので、モーガンタウンより北は諦め、南を探索してみました。 ルートとしては、東の川を渡らないようにサットン駅から89号線を北に向かって進んでいくという感じです。 まず、サットン駅から、東の丘...
スポンサーリンク

 

 

 

全ての物を入手したら、AVRメディカルセンターに戻って、この部屋にある機械に入れます。

最後に、ドクターハドソンの研究内容である、スコーチ病の予防接種を受ければ、晴れてクエストクリアです。ここで、ようやくタイトルの意味がわかりました(^o^)/

 

ここのクエスト報酬は、すごいよかったですよ。RADアウェイやRADXの設計図が手に入ります。これからは、薬剤もケチケチ使う必要なしですね♪

 

 

 

それと、この建物内の探索ですが、2階にキー入力式の扉があります。

 

 

番号の入手は、同じく2階のこちらの物資の盗難というメモに書いてあるのですが…

 

バグで扉のキーパッドにアクションできへーーーん!!

 

それから、ターミナルの上に飾っていた写真、あなたは、だれが監督官だと思いますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
メインクエストレスポンダー
記事内容がよかったら、シェアもお願いします~♪
ぼちぼちをフォロー、よろしくお願いします
ゆっくり遊ぶfallout76

コメント