スポンサーリンク

フラットウッズ東探索後編(サットン駅・サットン)

メインクエスト

前編でフラットウッズから、サットンに向かって、86Bをふらっと探索して、キャンプマトリックを発見しました。そして今回はそこからサットンまでの探索です。

フラットウッズ東探索前編(キャンプマクリントック)
今回は、フラットウッズの南から東にぐるっと回っている86Bと言う道を、サットンに向かって探索してきました。まず、フラットウッズから丁度南東に位置する、木材でタワー等が組まれたマークの所は、「キャンプ・マクリントック」と言う所でした。...

 

 

道中にまず、見つけたのは「サットン駅」でした。

ここは、キャンプやワークショップで使っている収納箱があり、同じように自分の持ち物を収納できます。自分は始め、よくわからなかったのですが、基本的に収納箱は、どこでも自分の持ち物が入っており、かつ他人は出し入れできません。共有箱ではなく、自分専用箱です。

ですから、他人のキャンプに収納箱が置いてあっても、自分が使う時は自分の持ち物の出し入れしかできません。

ただし、同じような見た目ですが、監督官のログ等が入ってる収納箱は別ものですので、注意して下さい。

 

 

そして、あるのは収納箱だけではなく、ロボットの売り子がいます。結構いいの売ってるんですよ。

アパレルと設計図で、色々欲しくなる物がありましたが、自分は2キャップという格安の「スカル柄のバンダナ」を買いました。キャップ結構持ってるんですが、貧乏性が出ちゃいました…

設計図は結構高いですし、買った後にすぐに拾うこともあったりと。ほんと、運がいいのか悪いのか…あと、ガスマスク類も気になりますね。普通のやつはもってるんですが、どう違うのでしょうか?

 

 

まーなんやかんやして、買い物を済ませて道を進むと、目的地「サットン」に着きました。

結構スコーチが多いです。スコーチワンダラーというLV7の敵もいました。ワンダラーは普通のスコーチよりも動きが少し早いような気がします。中々止まってくれない。

サットンは線路と道路に挟まれた街で、フラットウッズと同じ位の広さでした。ただ、道路の方は途中で閉鎖されており、まっすぐは進めず、家の中に入って屋根伝いに通るか、迂回するかしなければなりません。線路は歌の様に続いていました。

 

サットンは監督官の日誌があるということだったので、探すと北側にある一軒家の2階にありました。割とわかりやすい場所です。

あとは、レッドロケットというお店の中に、また収納箱と、裏にクラフト台があるのが、荷物整理に便利でした。

ほかは、とりたてて何かあるような感じではありません。もしかしたら、タイミングによって、イベントが発生するのかもしれません。

 

 

探索の目的が達成しましたので、無事にキャンプを設置している。フラットウッズに帰ってきてから、久しぶりに着替えました。駅の売り子から買った、スカル柄のバンダナと、監督官の日記が置いてあった家にあった。レターマンのジャケット&ジーンズというものです。

しばらくこれで行こうとおもいます。北軍の制服リュックが付いてて気に入ってたのですが、色が明るくないので、なんとなく飽きました…

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
メインクエスト 森林地帯 監督官の個人日誌 MAP探索
記事内容がよかったら、シェアもお願いします~♪
ぼちぼちをフォロー、よろしくお願いします
ゆっくり遊ぶfallout76

コメント