G533は消耗品のバッテリーやイヤーパッドの交換が可能!!愛着もってずっと長く使えそうです。その他G HUBやディスコード調整

全ての冒険のコツ
スポンサーリンク

先日、ヘッドセットをロジクールのG533に買いなおしましたという記事を書いたのですが…今回は消耗品の交換が可能な事がわかったのでその方法と、もう一つは数週間使ってみて色んな不都合な事があったので、それの解決方法としてG HUBアプリやディスコードの調整を紹介します。

新ヘッドセット買いました。七色に光らないワイヤレスのゲーミングが欲しかった!!ロジクールG533WIRELESS
一年以上前なんですが、このFALLOUT76で遊ぶなら、いずれはボイスチャット使える様にした方がいいですよって記事を書いたんですよね。で、今回はそのVC(ボイスチャット)をする為のヘッドセットを新たに買い直しましたので、その紹介の記事になり...

 

【消耗品が交換可能】

実はこのG533公式にバッテリー&イヤーパッド交換可能てちいさ~く書かれているらしいですね?自分はその場所を見つける事ができなかったのですが…でも交換できる事は色々触って見て確認できました。そのやり方を紹介したいと思います。

【バッテリー交換の仕方】

消耗品と言えば一番に思い浮かぶのはバッテリーじゃないでしょうか?スマホにせよなんにせよ、バッテリーが劣化してきて充電しても全然持たなくなることは本当にイライラします。でもこのヘッドセットは簡単にバッテリー交換ができるんですよ。

※基本ですが、必ず電源を切りましょう!バッテリーはマイクが付いていない方のGマークの中に入っています。そしてこのGマークはやり方さえわかればとても簡単に開ける事ができます。(自分は開け方がわからず…マイナスドライバーでパクっと開けるタイプと思ったら違って蓋を壊してしもた。瞬間接着剤ぬりぬり|ω・`)

蓋の開け方は、半時計まわりに少し回すだけです。これで簡単に外れます。蓋が開けば、あとはバッテリが差し込み固定されているので、それを抜いて交換用バッテリーと交換して線を繋げて下さい。(道具は一切いりません!)

交換用のバッテリーをアマゾンで調べたら、下記の二つの物を見つける事ができました。

そのまんま一緒の4500円、もう一つは互換品の1500円で、安いのは当然互換品の青いタイプなんですが…青くて安い方は、機能は同じであれど形が違うので、ヘッドセットの中にそのままでは固定できないので、養生テープみたいなもので固定する等なんらかの工夫が必要になります。(値段は記事記載時の物)

【イヤーパッド交換】

前回こちらのヘッドセットを購入するキッカケになった理由はイヤーパッドの劣化でした。今回もそうなる事は覚悟していたのですが…なんとこのヘッドセットは大手メーカーロジクールなので、交換用イヤーパッドがアマゾンで売っています!!

G533用とは書いていないのですが、こちらの商品がG533に正規でついている物とほぼ同じ物で1500円(記載時値段)です。

イヤーパッドの交換は少しコツがいるみたいですが、その方法は、商品の説明書やアマゾンレビューにも書かれていましたのでそれを参考にすると良いと思います。

まだ買ったばかりなのと、交換の際は専用の黄色い棒がいるみたいなので自分はまだ実際に交換はしていないですが、手元にあるG533のイヤーパッドを触って見ると確かにすぐに外れて交換可能なことはわかりました。(周りにぐるっと溝がありそこにゴムパッキンみたいなものを引っ掛けている状態です。べったり接着剤固定ではありません。)

イヤーパッド交換できるってめっちゃ嬉しい!!長持ちさせたいならイヤーカバーすればええやん?と思うかもですが…現状のイヤカバーって耳を覆う凹みの部分がなくなってしまうじゃないですか、あれはやっぱりこういうタイプの物には嫌ですよ。

 

【GHUBとディスコードの調整】

ロジクールのヘッドセットは「G HUB」というアプリをPCに入れる事でセッティングを変える事ができますが、この際に「プロファイルごとの構成」というやり方があります。

G HUBダウンロードがまだの人はこちらから

ロジクールG HUBアドバンスト ゲーミング ソフトウェア、RGB & ゲームプロファイル
Logicool G HUBは、ゲーミングギアの可能性を最大限に引き出すための最新のソフトウェアです。ゲームに合わせて、思いのままにギアをカスタマイズ。

【G HUB調整注意点】

鍵マークは触らない方が良い!この鍵マークは普段のYouTubeを見る時とゲーム(ソフト事)をする時とで、検知して自動的に変更してくれるようにできるの物なのですが…だけど、ちょっと厄介な事が起こります。

例えば、上記の画像は、鍵が開いたアイコンでロックが掛かっていない状態です。このボタンを押してロックすると自動検知をやめてどのゲームでも同じセッティングの音にしてくれる持続設定になりますが…

もう一度押してロック解除しようとすると全然セッティングが触れない様になってしまい、元のプロファイルごとの設定ができなくなってしまうのです。自分が調べた限り、この解決方法は載っておらず…自分は2回アンイストールとインストールを繰り返して今はこのマークを触らない様にしています。ぶっちゃけ自動検知の方が便利ですし…

 

でも、なんで最初自動検知をやめて持続にしようと思ったのかというと…FALLOUT76の音がセッテング通りに変更されなかったからなんです。と言うのも後から気づいたのですが、ゲーム&アプリケーションにFALLOUT76が入っていたのはベセスタネットの方だけで、なぜかSTEAM版は入っていませんでした。

なので、+マークからスチーム版のFALLOUT76を追加します。これでバッチリでした。自分の場合はゲーム類全部Dドライブに入れているので、D→それ以下は、上記画像のパスと書かれている物を追加して下さい。

また、プロファイル毎のセッティング画面ではFALLOUT76と書かれた物が二つになり、どっちがどっちかわからないので両方同じセッティングに自分はしています。NWもやるので、完全にFPSモードです。(FALLOUT76はアドベンチャーモードもあり、そっちは完全にRPGなのでゲーム中のバックグラウンドミュージックがFPSモードでは少し合わないのがもどかしい…)

 

【ディスコード設定】

実は使い始めた当初、自分の話す声の冒頭や末尾が相手に聞こえていない事がありました。結果的にこれはワイヤレスとディスコードによる弊害という事がわかり解決しました。同じような人がいたら是非試して見て下さい。(ゲームの音の遅延や消失はありません)

調整方法ですが…設定から「音声・ビデオ」→「入力感度の自動調整OFF」自分の場合これで直りました。ディスコードは便利なアプリですが、セッティングが本当に細かい。

以上こんな感じで、紹介を終わろうと思います。自分は同じ物をずっと愛着もって長く使うタイプです。ここまでできるとは知らずに買いましたので、これは本当に嬉しい情報です。何年持つかな~?それと、GHUBとディスコードのノイズキャンセリングはよっぽどうるさい環境でやっていない限りOFFで良いと思います。どうしても声がこもったり小さくなって、相手に聞こえづらくなるので。

コメント

  1. ロジクール製品好きですけど(G502 G613愛用)、G Hubはホンマクソオブクソ・・・

    • やっぱそうなんですかねー。後学の為に教えてほしいのですが、アプリ含めてどこのがよさそうとか情報あったりしませんか?

  2. 左手デバイスとサラウンドシステムしか使ってない上に、超有名でホント申し訳ないんですけど、RazerのRAZER SYNAPSEは普通に使いやすいです。
    超便利ってほどでもないですけど、この変更できないの?なんで?ってなって調べることは1回もないです。
    でも私にはマウス合わないんですよねぇ