どうやら続編があるらしい…今回のSTEEL DAWNエピローグ:ATLAS砦を中心にNPCのお話やターミナル紹介

メインクエスト
スポンサーリンク

当サイトでもコメントにも頂けましたし、ツイッターで教えてくれた方もいるのですが、なにやらSTEEL DAWNは前後編になっているそうです。やってみた感じも不完全な終わり方なので続編があるという情報は自分自身もかなり濃厚だと思っています。今回は、最終話クエスト終わった後のエピローグ的なお話や、まだ紹介していなかったBOS関連の話をピックアップ紹介しますのでよかったら後編ストーリーを想像して楽しんで見て下さい。

【ターミナル情報】

ラフマーニのターミナル ラフマーニの決意を見る事ができます。ダニエルシンはいずれ意見が変わりラフマーニのいう真実に気づくと考えており、新たなラフマーニBOSはアパラチアの平和と安全の為に立ち向かい続けると…

バルデスのターミナル現在のBOSの在り方を根本的な部分から見直し始めようとしています。面白いのはそもそもBOS設立当初はみんな反逆者だった?なんて書かれている事。BOSが元アメリカ軍人だと言う事は知っていますがどういう形で政府から離れたのでしょうか?

【現状BOSについての話】

ラフマーニの話何を聞いてもアパレイチアの人々を助けるという話ばかりしてきます。最初はそういう考えのいい人なのかと思ったのですが、よくよく考えると何かおかしいですね…BOSであるならばアパレイチアの人々でなくてアメリカ人全体を助けようとするはずですし、なんかアパラチアという土地に固執している様な気がします。何か隠してるかな?また、そもそものBOSのテクノロジーを囲い込むという考え方には真向反対していますね。

バルデスの話どうにもこうにも困っている状態です。彼女自身は優先順位をどうするべきかまだ決めかねているみたいです。ただ楽観的な性格も見られて、エルダーから離れた自由なアパラチアBOSにワクワクしていたり、スパミュが襲ってくることでチームの団結が続くと考えていました。

シンの話スーパーミュータントの襲撃に集中しているみたいで、ラフマーニとの件は二の次だそうです。本当に気になりますよスパミュがアトラスを襲撃してきた理由は一体何なんでしょうか?そういえば故タガーディーBOSもスパミュと凄く戦闘していましたよね。スパミュはFEVウイルスでの実験で変異した人間ですが、BOSとスパミュの関係性も凄く気になります。

ナイトコナーズ:レポート(ホロテープ)道中に亡くなったシンの憧れであるナイト・アランコナーズという人物の録音がバルデスとシンに向けられて行われます。「意見が異なる時があるだろうが、ラフマーニは二人をとても気遣っている。心で導く彼女のやり方は常に功を奏した。この先の旅ではさらに厳しい試練が訪れると思うが、互いに心から支え合わねばならない。私たちは今やBOS以上の関係のファミリーだ」

【ATLAS砦の子供達】

マルシアレオーネ(姉)明らかにレイダーぽい風貌ですが、道中のレイダーに襲われていた街から助け出した子供ですが…BOSの救出が失敗したことで両親が死んでいるので、BOSを逆恨みしています。

マキシモレオーネ(弟)姉とは違ってBOSに対して憧れています。大きくなったらBOSに入る事が夢だそう…ちなみにこの二人と話かけるとATLAS砦の子供達を探すというその他項目クエストクリアになります。

【ぼちぼち感想】

ナイトコナーズのホロテープを聞くとまるでこの事を予期していたかのような内容です。ずっとコナーズがシンとラフマーニの間を取り持っていたのでしょう。どうやらこのBOS問題は後編のプレイヤーであるぼちぼちがコナーズ的な役割を如何にできるかで結末が変わりそうな気がしてきましたでええええええ!!それとクレーター、ファウンデーション、監督官の反応はそこまで目立ってセリフはありませんでした。ファウンデーションは取引について喜んでいた位…続きいつやろ?楽しみや♪

コメント